年をとっても疲れない体をつくる!40代こそ筋トレが健康に最適な理由

KOHRIMAN

こんにちは!KOHRIMAN(@kohriman)です!

40代になってから疲れやすくなったという人は多いのでは? そんなお悩みをお持ちの方必見です!

「40代になって疲れやすくなったり太り始めたから筋トレ始めようか迷ってる」

「食事も変えてないのに健康診断に引っかかってしまったけど今から筋トレしても意味あるのかな?」

40代まで生きてくると流石に身体のどこかしらにはトラブルが発生するものです。

でも今までの食生活と同じなのに、なぜ40代になると突然疲れやすくなったり太りやすくなるのか疑問に思った方はいるのではないでしょうか。

そこで今回は40代を過ぎてからなぜ疲れやすくなったりするのか、そして筋トレや運動などでそういったことを解消できるのかについて解説していきます。

【今回の記事で分かること】
・なぜ40代をすぎると疲れやすくなったり太りやすくなるのか
・筋トレが解決してくれる健康問題
・40代からでも筋トレは始められるのか
目次

筋トレや運動をしないと40代からは健康は悪化するのみ!

悩む人


今まで健康に不安を抱えていなかった人でも、40代を境にびっくりするくらい太ってしまったり健康診断で引っかかるというパターンはよくあることです。

なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか?それは私たちの身体を構成する筋肉に秘密があります。

年齢と共に筋肉は落ち続ける

私たちの身体を作り上げている筋肉は、何もしなければ年齢を重ねるとともに減少していきます。

20代や30代であれば日々の生活の動きで維持し続けることも可能ですが、40代を超えると筋肉はあっという間に減少していくのです。

しかしなぜ筋肉が落ちると身体に悪影響があるのでしょうか?

筋肉が落ちると代謝が落ちるなど様々なデメリット

筋肉量が減少していくと、私たちの身体に起きることはいったい何があるのでしょうか?

KOHRIMAN

まず考えられることは、基礎代謝が落ちるということです!

基礎代謝とは私たちが生きているだけで消費するエネルギーのことであり、極論をいってしまえばベットでじっとしていても消費されるものになります。

筋肉量が落ちるとこの基礎代謝が下がっていくので、40代を過ぎて筋トレなど何もしていない場合に若い時と同じような食生活をしていると、消費エネルギーよりも摂取カロリーが上回ってしまうので太りやすくなるというわけです。

今までは消費できていたものが消費できなくなれば必然的に余剰エネルギーは脂肪となって蓄えられ、生活習慣病や病気へと繋がる恐れがあります。

また筋肉が落ちるということは、今まで生活していた際に身体を支えていた力も弱まるということです。

その結果身体はいつもと同じ動きをしていても疲れやすくなるので、疲れやすい身体になってしまいます。

加齢による筋肉の低下は健康にかなり悪影響を及ぼすものですが、それを防止することができる簡単な方法が1つだけあるのはご存知ですか?

そう筋トレです。

筋トレがなぜ40代の健康対策におすすめなのか?

筋トレ

なぜ筋トレが40代からの健康対策におすすめなのでしょうか。

ここからは筋トレがおすすめな理由について詳しく解説していきます。

あまり筋トレに対していいイメージをお持ちでなかった方も一度健康対策という側面から考えてみてはいかがでしょうか。

筋肉は鍛えることでしか衰えを防ぐことができない!

KOHRIMAN

筋肉は鍛えることでしか筋肉量の減少を防ぐということができません。

確かに太ってしまった場合は、食事によって体型の改善をすることはできるでしょう。

脂肪も食事で減らすことができるのは事実です。

しかしこと筋肉の減少だけは食事や他の手段を取ろうとしてもどうにもなりません。

筋トレをすることで筋肉に負荷をかけて、発達を促すことでしか基礎代謝を維持する手段がないということはしっかりと覚えておいてください。

40代は筋トレをしないと健康のために好きなものを我慢し続けることに?

基礎代謝と筋肉は筋トレをしなければ維持できず、落ちていくのみということはここまでで紹介してきました。

基礎代謝が落ちればそれに応じて食べて消費できるカロリーが少なくなるということです。

KOHRIMAN

つまり私たちの身体は、年齢を重ねることに食事することができる量というのが減っていくことになります。

筋トレしなければ健康のために食事を我慢し続けなければいけない人生にもなりかねません。

これはダイエットや体型維持にもいえることです。食事を制限することで体重を維持するもしくは減らすことがダイエットにおける鉄則です。

しかし制限した生活というのを一生送ることができますか?

一度ダイエットをして目標を達成しても、ダイエットの食事は一生続くわけではないので時間が経過するごとに緩やかに元の体型へと戻ってしまうでしょう。

KOHRIMAN

筋トレをすれば痩せやすい身体を手に入れることができるばかりか、食事をより楽しめる人生になります。

これからの人生の食事を我慢し続けるか、筋トレを少しでもやって楽しむのかはあなたの選択によります。

しかし我慢し続けることを好む修行僧のような方はごく僅かではないでしょうか。

40代以降は筋トレをすれば健康維持はもちろんのことその後の人生も豊かにできること間違いないのでやはり筋トレはおすすめです。

40代からでも健康のために筋トレを始めることができるのか?

ハテナ画像

ここまでで筋トレをすることの重要性となぜ40代以降疲れやすく太りやすい身体になってしまうのかその仕組みについて紹介をしてきました。

しかし40代から筋トレを始めるのって大丈夫なのかと心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで40代からでも健康のために筋トレを始めたい方のよくある疑問を解消していきたいと思います。

筋トレって重いものをあげなきゃいけない?怪我が心配…

筋トレといえば重いバーベルを持ち上げなければいけないというイメージの方も多いと思います。

特にボディビルダーはそういったことを多くやっているので、そのイメージに引っ張られてしまうのが原因でしょう。

しかし、必ずしも重いものを持つ必要はありません。

ボディビルダーは筋肉を大きくするために筋トレで筋肉を鍛えています。しかし40代で健康のために筋トレを始めたという人はそこまでする必要がありません。

KOHRIMAN

自分に持てる範囲のもので身体を鍛えても十分なので、無理なく継続することが可能です。

もちろん無理なくやれば怪我の心配もありません。

筋トレ初心者で全くわからない

筋トレ初心者で鍛え方がわからないという方は、まずは自分の知っている範囲から筋トレを始めてみましょう。

  • スクワット
  • 腕立て伏せ
  • 腹筋

上記の種目であれば、学校などでやったこともあるものが多いと思うのでとりあえず始めるというのにはもってこいです。

少しづつ身体がなれてきたら新しい種目をやってみる、運動に慣れたらジムに行ってみるという挑戦をしてみても良いでしょう。

無理のないできる範囲から始めること。

それだけでも昨日のあなたより少しずつ健康な身体になっているので自信を持ってください!

40代の健康には筋トレが最適!疲れない身体を筋トレで手に入れよう!

筋トレ

今回は40代の健康のためには筋トレが最適であるということを紹介してきました。

今回の記事のポイントを簡単にまとめてみると以下のようになります。

・40代以降の筋肉は何もしなければ徐々に衰えていく
・筋肉が落ちることで基礎代謝が落ち疲れやすい身体になってしまう
・筋トレは40代からでも問題なし、やれることから始めよう!

40代ともなると今までやってきたことをいきなり変えるというのは難しいと思います。

筋トレや運動を何もしてこなかった人がいきなりジムで鍛えよう!

そう考えたとしても長く続けるとなると難しくなってしまうでしょう。まずは毎日少しづつやれることから初めてみてはいかがでしょうか。

腹筋やスクワットを家でまずはやってみる。だんだんできるようになったらランニングなども取り入れるのもいいでしょう。

そうやって少しづつ筋トレ・運動という習慣を取り入れていけば、健康な身体へと繋がります。

これからの人生を楽しむためにもぜひ今日から筋トレをしてみましょう!

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

郡 勝比呂(こおりかつひろ) 郡 勝比呂(こおりかつひろ) ジムフィールド代表

「稼げるトレーナー」を作るパーソナルトレーナー養成講師。ベストボディジャパン公認ジャッジアドバイザー。NESTA JAPANアシスタントディレクター。All About メンズスタイルオフィシャルガイド。「遊ぶように鍛える」ジムフィールド代表取締役CEO

目次
閉じる