筋肉をつけるためにまずは太りたい人が知っておくべき8つのこと

slim man

こんにちは!

KOHRIMAN(@kohriman)です!

「筋トレをすれば体は大きくなる」

「太りたいなら食べること」

など体のサイズをアップさせる方法はおそらく多くの人が当たり前のように知っているはずです。

でも実際は、そんな簡単な話ではなく、食べているのに太れない人やジムに通ってもまだまだ細い人などなかなか太れないという人は少なくありません。

そこで今回は、特に男性に向けてとにかく太りたい人が知っておくべきポイントについて分かりやすく解説しようと思います!

目次

なかなか太れなくて悩む人は多い

data

よく海外の人が日本に観光などに来て驚くこととして「日本人は痩せている人が多い」というのがあります。

特に、アメリカやヨーロッパなどのいわゆる西洋人の方たちは、我々日本人よりも体が大きく太りやすく同時に筋肉もつきやすいといわれています。

日本人に細い人が多いのは何も感覚的な話ではなく、世界の肥満度合いを示すデータ(WHO参考)でもアメリカの肥満は人口の31%を超え、メキシコは32.8%、オーストラリアは25.1%という数値になっており、日本に関してはたったの4.5%しかありません。

参考元:https://www.chizu-seisaku.com/geography/himanritu-world

そのデータ故、日本では特になかなか太れなくて悩んでいる人が多いのです。

では、太れない人が太るにはどうすればいいのか。まずは、なかなか太れない根本的な理由について知っておきましょう。

太れない理由は大きく4つ

順番に解説します。

食の細さ

全然太れない人というのは、まず単純に食べ物を多く食べられません。

人間は食べたらその分カロリーを摂取して、脂肪や筋肉になりますが、そもそも栄養を摂取することができなければどれだけ筋トレをしても、どれだけ太りたいと思ってもなかなか太ることはできません。

また自分自身ではたくさん食べていると思っても、何を食べているか聞いてみるとあまり食べれていないという人も多く、彼らに共通する点としては食事に対してあまり執着がなく時間がない時などはスキップしてしまう傾向があります。

何か趣味などに夢中になっていると、ついつい食べることを忘れてしまう人はなかなか太れない体質といえるでしょう。

消化吸収能力の低さ

これはある種才能ともいえることですが、たとえたくさん食べてもそれらを消化吸収できなければ体は大きくなりません。

体内に取り込んだ栄養を吸収する能力が弱いと、その栄養素が効率的に使われず、どんどん体外に出てしまいます。

下痢や排便の回数が多い人などはこの傾向にあるといえます。

この消化吸収能力というのは、自分自身で鍛えられるというよりは多くの場合、遺伝的に決まっていることがほとんどです。

ストレス過多

サラリーマンなど働き盛りの人は特に日頃から多くのストレスを抱えていると思います。

ストレスは人間が生きていく上では避けては通られないことですが、これが異常に多くなると胃の消化能力が落ちて食べてもなかなか消化できなことにつながります。

ストレスをゼロにできたらいいですが、それは現実的に難しいので散歩をしたり半身浴をしたりとうまく付き合っていくことが重要になります

運動不足

「運動をするとカロリーを消費するので逆に痩せるのでは?」と思うかもしれませんが、確かにそうです。

ただし、運動をすることで血液の流れが良くなったり、単純にカロリーを消費するのでその分お腹が空きます。

そうすると、食べる量が増えてどんどん大きくなるといういいサイクルになるので運動は太れない人にとって必須です。

体重を増やすための8つのポイント

point

ここからは、具体的にどのように体重を増やすのかそのポイントについて詳しく見ていきましょう。

なかなか太れない人には「ただ食べろ」といってもそう簡単なことではないので、どのようにすれば食べられるのか、運動でのポイント、そして普段の生活での過ごし方について紹介します。

順番に見ていきましょう。

1. 食事を小分けにする

太りたいと思う人はおそらく消化能力が低く食べられない人です。

そんな人でも多くの量を食べる方法としては、一度に食事をまとめないこと

例えば、今まで1日3食食べていたのなら1回の食事量を減らして1日に5~7回の食事を摂るようにすると無理なく多くのカロリーを摂取できます。

具体的には、朝昼晩の食事の間に別の食事を追加して、それぞれの食事間隔を3~4時間にします。

一例、

STEP
朝6時:朝食
STEP
朝9時:間食
STEP
昼12時:昼食
STEP
昼3時:間食
STEP
夕方6時:夕食
STEP
夜9時:間食

食事を小分けにして食べると、胃や体に負担をかけずに1日を通して多くのカロリーを摂取できます。

2. 液体物を活用する

また、全てお肉やお米などいわゆる固形物で摂取すると、それだけ消化に時間がかかり胃にとっては大きなストレスとなります。

食べられない人はすぐに下痢などになってしまうので、プロテインやスムージーなど液体で摂ることもおすすめします。

液体であれば忙しい人でも時間や場所を問わず手軽に飲めます。

3. エネルギー補給用食品「粉飴」を使う

粉飴は、ただの飴玉ではなくでんぷんを加水分解し粉末状にしたもので主成分はマルトデキストリンという多糖です。

多糖は糖質の一種で、体内にスピーディーに吸収されエネルギー源になるという特徴があり、なかなか太られない人にとっては実は非常にメリットの多いもの。

水などに溶かして飲むため液体で摂取でき、たくさんの食事を摂られない人にとっておきの商品で、普段の食事にプラスアルファする時やトレーニング時の栄養補給としても優秀です。

また粉飴は1kgで1000円くらいなどかなり安く手に入るので、経済的にも優しい。その辺のスーパーではおそらく手に入らないですが、インターネットで購入できます。

今月の一押しパーソナルトレーナー

BEYOND中野店早乙女トレーナー

BEYOND中野店代表トレーナー

早乙女拓駿トレーナー

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ
slim man

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

郡 勝比呂(こおりかつひろ) 郡 勝比呂(こおりかつひろ) ジムフィールド代表

「稼げるトレーナー」を作るパーソナルトレーナー養成講師。ベストボディジャパン公認ジャッジアドバイザー。NESTA JAPANアシスタントディレクター。All About メンズスタイルオフィシャルガイド。「遊ぶように鍛える」ジムフィールド代表取締役CEO

目次