ソイプロテインとホエイ・カゼインを比較、なぜ日本人にソイが最適?

Protein cocktails on black. Vanilla, berry and chocolate protein shakes. Sports nutrition.

フィットネスブームが到来したことで、今まであまり馴染みのなかったプロテインに注目が集まっています。

その中でもダイエット・健康効果があるといわれている、ソイプロテインはご存知でしょうか。

もっともプロテインをあまり知らない人は、ソイプロテインや他のプロテインの違いについてわからない方も多いでしょう。

そこで今回はソイプロテインとはどういうものかを中心に、プロテインの種類の違いについて解説していきます。

今回の記事を読めば、自分がどういったプロテインを飲めば良いのか簡単に見極めることができますよ!

目次

プロテインとは?なぜ流行っているのか?

Fitness and workout concept with dumbbells, protein shakers and a scoop in protein powder. The two shakers have black and pink lids and the background is white

最近まではプロテインとは、身体を鍛えているボディービルダーなどのトレーニーやアスリートなどが飲むものだと思われていました。

そのためプロテインは身体に悪く、飲むだけでムキムキになってしまうのではないかというマイナスなイメージがあったのが事実です。

もっとも現在では、普通の主婦の人やサラリーマンの方でもプロテインを飲みはじめております。

なぜ一般の私達の間でも、プロテインが流行っているのでしょうか?それにはプロテインの驚愕な健康・ダイエット効果が関係しているのです。

プロテインについて

プロテインとは、そもそもたんぱく質を粉末にして飲みやすくしたものになっています。

プロテインの1スプーンは約20~25gのたんぱく質が含まれていますが、この量を食事で取ろうと思うとかなりの量を取らないといけないというのはご存知でしょうか?

たんぱく質約20~25gというのは、鶏胸肉にすると約100g

つまりプロテイン一杯と同じ量のたんぱく質を取るには、鶏胸肉100g食べなければいけないのです。

加えてプロテインは、鶏肉などのお肉に含まれている脂質なども最低限までに抑えているので、余計なカロリーを取る心配はありません。

最低限のたんぱく質を効率的かつ最低限のカロリーで摂取することができるので、プロテインは流行しているのです。

ダイエット効果だけじゃないプロテインの秘密

おそらくプロテインを飲む人は、以下のような目的で飲む人が多いのではないでしょうか?

  • 体重・体脂肪を減らしたい
  • 身体を鍛えているのでプロテインで栄養補給をしたい

こういった目的を有している人のほとんどが、食事などにも気を使っているので、偏った食生活になりがちなのが特徴です。

ダイエットをしている方は、食事制限や糖質制限を行なうことで、一定の決まった食事内容になってしまう経験をしたことがあるのではないでしょうか。

食事内容が偏ってしまうと、身体に必要な栄養素が不足してしまう恐れがあるので、あまり良くありません。

そこで活用できるのが「プロテイン」です。

プロテインは効率的なたんぱく質の補給を可能とするので、足りない栄養素をしっかりと補給することができます。

たんぱく質は筋肉だけではなく、お肌や髪の毛などの身体の様々な部位に必要な栄養素です。

そのためプロテインを飲むことによって、ダイエット・健康改善・美容効果を狙うことができることになります。

ダイエットにおすすめはソイプロテイン!他のものとも比較してみた

Doping, anabolic, protein, steroid, sport vitamin, bodybuilder and bodybuilding. Muscles strong, muscular. Dieting, fitness. Man with muscular body hold pill jar, sport. Sportsman hold dieting pill.

プロテインはただ単純に1つの種類しかないのではなく、実はいくつかの種類があり、それぞれ原材料や使用目的が異なってきます。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

どういった種類のプロテインを飲めば良いのか分からないという方も多いと思いますので、以下ではそれぞれの特徴と使い方を紹介していきます。

プロテインを比較 ①ホエイプロテインについて

ホエイプロテインとは、ヨーグルトを開けた時にある上部分の液体に含まれているホエイという成分を取り出して作られたプロテインです。

通常プロテインというと、このホエイプロテインのことを指しており、コンビニやドラッグストアなどで売られているもののほとんどはホエイプロテインになります。

ホエイプロテインは、他のプロテインと比較しても身体に素早く吸収されるのが特徴です。

そのためトレーニングなどの激しい運動をした後の、栄養補給の手段として最適のプロテインといえるでしょう。

運動後にすぐ飲めば、筋肉にすぐ栄養を与えることができるので、筋肥大・持久力の向上を狙うことができます。

粉末状になっているホエイプロテインを水などと混ぜ合わせても、すぐに溶けて味も飲みやすいので、プロテインを飲み始める人はまずホエイから飲んでも良いのではないでしょうか。

1つ注意したいのは、ホエイプロテインは乳製品から作られていることです。

乳製品から作られているため、牛乳などに弱い人はお腹を下してしまう可能性があります。

そのため乳製品に弱い方は、ソイプロテインなど他のプロテインがおすすめですよ!

【ホエイプロテインの特徴 まとめ】

  • すぐに吸収されるので運動後に最適
  • 溶けやすく飲みやすい
  • 乳製品なので、お腹を下す可能性も

プロテインを比較 ②カゼインプロテインについて

カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同様に乳製品から作られたプロテインになります。

ホエイと違う点は、カゼインは乳製品の中でも不溶性固形成分というものから主要に作られているということです。

不溶性固形成分とは、チーズなど乳製品の中でも固形物に多く含まれているものであり、ホエイよりも粉っぽく少し飲みにくいのが特徴になります。

そのため身体に吸収されるまでの時間も、ホエイと比較しても時間がかかるので、運動後の栄養補給にはあまり向きません。

どちらかというと寝る前や間食などに使用することによって、お腹が減るのを防いだりする目的で使用することができるので、ダイエット向きだといえるかもしれません。

ホエイと同じく原材料は乳製品のため、お腹が弱い人は飲むことで腹痛などの原因になってしまう可能性もあります。

そういった人はソイプロテインなどの、お腹に優しいプロテインを飲むのがおすすめですよ!

【カゼインプロテインの特徴 まとめ】

  • 九州がゆっくりなので、寝る前や間食に最適
  • 溶けにくくダマになりやすいので、粉っぽい場合も
  • ホエイと同じく乳製品なので、お腹を下す可能性あり

プロテインを比較 ③ソイプロテインについて

ソイプロテインは、主に大豆製品のたんぱく質の部分だけを粉末状にしたものになります。

ホエイやカゼインと比較しても、プロテインに含まれている脂質の量が少ないので、たんぱく質をより効率的に吸収できるのが特徴です。

またカゼインと同様に、吸収も比較的に緩やかなものとなっているので、お腹の満腹感も持続してダイエットに効果的なのがソイプロテインのポイント。

ダイエットには大敵の空腹感を減らしてくれつつ、かつ健康的に栄養を取ることができるのはソイプロテインにしかない大きなメリットといえるでしょう。

また大豆から作られているので、イソフラボンなどの美肌効果や髪の毛のツヤ・コシなどにも効果があります。

最近年齢とともに少しづつ肌・髪などに元気がなくなってきたという人は、ソイプロテインを飲むことで解決できるかもしれません。

ホエイよりも水などに溶かした際には、溶けにくいのが少しネックですが、近年プロテインユーザーが増加したことによりその点も改善されつつあります。

そのため手軽かつストレスなく利用することができるでしょう。

乳製品とは異なり大豆が主成分なので、お腹を壊すといった心配もありませんよ!

【ソイプロテインの特徴 まとめ】

  • 吸収がゆっくりで満腹感が持続し、ダイエットに最適
  • 筋肉だけではなく美容効果など健康にも良い
  • 乳製品とは異なりお腹を壊す心配なし!

ソイプロテインが他のものと比較してもダイエットに最適な理由

DIET

ここまで3つの種類のプロテインについて紹介してきましたが、なぜソイプロテインが他と比較してもダイエットに効果的なのでしょうか。

以下で詳しく解説していきます。

ソイプロテインと他の比較 脂質が少ない

ソイプロテインを他のプロテインと比較してみると、ソイプロテインは脂質が少ないという特徴があります。

ホエイやカゼインなどは、乳製品から作られているためにどうしても脂質が多くなってしまうのがデメリットです。

しかしソイプロテインは、そもそも大豆から作られているという点もあり脂質がほとんど含まれておりません

炭水化物やたんぱく質がgあたり約4キロカロリーなのに対して、脂質はgあたり約9キロカロリーあるというのはご存知でしょうか?

脂っぽいものを食べると太りやすいといわれているのは、このgあたりのカロリーの差が原因となっています。

そのため脂質が少ないソイプロテインの方が、総カロリーが少なくなるのでダイエット向きといえるでしょう。

ソイプロテインと他の比較 吸収がゆっくりでお腹にも優しい

ソイプロテインが他のものと比較しても吸収がゆっくりでお腹に優しいというのは、上記でも簡単に説明してきました。

そもそも私達日本人の遺伝子上、牛乳などの乳製品はあまり体質的に合わないという研究データがあります。

そのためホエイやカゼインなどの乳製品から作られたプロテインを飲んでしまうと、お腹を下す人が日本人には多いです。

お腹を下してしまうということは、必要な栄養を吸収しきれていないということであり、プロテインの効果が薄れているということになります。

そのためお腹を下さずに栄養を十分吸収し切ることができるソイプロテインの方が、日本人にはおすすめです。

ゆっくりと吸収されるので、無闇矢鱈にお腹が空くこともないのでダイエットにも最適といえるでしょう。

ソイプロテインと他の比較 コスパが良い

ソイプロテインは、他のプロテインと比較してもコスパが良いという点も大きなメリットです。

ホエイ・カゼインプロテインは乳製品から作られているということもあり、大豆から作られているソイプロテインよりも高価なものがほとんどになります。

プロテインは1日飲んだだけで劇的に効果が現れるといったものではなく、あくまでも継続的かつ日常的に飲むことで効果が出るものです。

そのため価格という点でも、ずっと続けていけるものなのかというのもかなり重要になってきます。

できるだけ値段を抑えつつ、ダイエットを行っていきたいという人はソイプロテインがおすすめといえるでしょう。

【ソイプロテインと他の比較 まとめ】

  • 脂質が少ないので栄養吸収・ダイエットに優れている
  • ゆっくり吸収されてお腹に優しく日本人向き
  • 値段もホエイプロテインやカゼインプロテインと比較しても安いので続けやすい

まとめ ソイプロテインをホエイ・カゼインと比較してみた

指を立てる男性

今回はソイプロテインとホエイ・カゼインプロテインのそれぞれの特徴をあげた上で、なぜソイプロテインがおすすめなのか紹介してきました。

ソイプロテインは、他のものと比較してもダイエットに効果的で日本人に向いているものになっています。

そのためダイエットやボディメイクをしようと考えている人は、ソイプロテインを選んでみてはいかがでしょうか。

女性向きなのかもしれないと考えている方も多いかもしれませんが、そんなことは全くありません。

あくまでもプロテインはたんぱく質を摂取するものであって、男性・女性向きといった違いはないといって良いでしょう。

あくまでも使用する目的によって、使うプロテインを選べば良いのであり、最初から選択肢を限定する必要はありません。

今回紹介したプロテインについてのポイントをしっかりと把握して、自分に最適なプロテインを選んでくださいね!

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ
Protein cocktails on black. Vanilla, berry and chocolate protein shakes. Sports nutrition.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

郡 勝比呂(こおりかつひろ) 郡 勝比呂(こおりかつひろ) ジムフィールド代表

「稼げるトレーナー」を作るパーソナルトレーナー養成講師。ベストボディジャパン公認ジャッジアドバイザー。NESTA JAPANアシスタントディレクター。All About メンズスタイルオフィシャルガイド。「遊ぶように鍛える」ジムフィールド代表取締役CEO

目次
閉じる