【簡単コンビニダイエット】セブンイレブンでお手軽にダイエットするためのおすすめ飯

・コンビニってダイエットには、良くないんじゃないの?

・本当にコンビニのご飯でダイエットをすることができるの?

・ダイエットでおすすめのコンビニメニューを知りたい

ダイエットをしようと思ったときに、コンビニのメニューはあまり良くないのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は最近のコンビニは、ダイエットに適しているメニューが豊富に揃えられており、かなりおすすめです。

ダイエットに適しているものが豊富に揃えられているコンビニとはいっても、何を食べてもよいわけではありません。

ダイエットに適した商品を選んで食事をしなければ、逆に太ってしまう可能性があります。

そこで今回の記事では、セブンイレブンでおすすめのダイエットできる商品について詳しく紹介。

ダイエットをする際に「これさえ選んでおけば大丈夫というものを紹介していくので、ぜひ参考にして下さい。

目次

【コンビニダイエット】セブンイレブンで商品を選ぶ際の注意点

【コンビニダイエット】セブンイレブンで商品を選ぶ際の注意点

ダイエットをしている方が、セブンイレブンで商品を選ぶ際の注意点についていくつか紹介します。

一見ダイエットに適しているように見える食品も、実はカロリーが高いなどの理由でダイエットに適していないことも…

そこで、セブンイレブンでダイエット飯を選ぶ際にも、失敗しないようにあらかじめ注意点だだけは、事前に抑えておきましょう。

脂質が高い食品はNG

脂質は、三大栄養素の中でも1gあたりのカロリーが高い栄養になります。

タンパク質と炭水化物が、1gあたり4キロカロリーであるのに対して、脂質は1gあたり9キロカロリーもあるのです。

そのため脂質が多く含まれている食材は、カロリーが高くなってしまう傾向にあり、ダイエットにはおすすめできません。

コンビニの食材には、ほとんど裏面を見るとカロリー表記がされているので、どのくらい脂質が含まれているかなどを確認してみましょう。

炭水化物とたんぱく質のバランスも確認する

コンビニでダイエット飯を選ぶ際には、タンパク質と炭水化物のバランスにも気をつけてみましょう。

高タンパクな食材を選ぶことで、ダイエット効果を狙うことができます。

例えば同じ炭水化物を食べるのでも、おにぎりとパスタやそばでは含まれているタンパク質の含有量が大きく違うというのはご存知でしょうか。

おにぎりの原材料であるお米は、そこまでタンパク質の含有量が多くありません。

一方でパスタやそばは、炭水化物の他にタンパク質も豊富に含まれているので、ダイエットの際にはおすすめの食材になります。

タンパク質が豊富に含まれている食材を、積極的に選んでみましょう。

ドレッシングが含まれているメニューに注意

ドレッシングがついているメニューには注意しましょう。

コンビニで売られているメニューについているドレッシングは、何かと脂質が高いことが多いです。

脂質が高いドレッシングを食べてしまうと、せっかくサラダなどを食べても余計なカロリーを取ってしまいます。

特にパスタサラダなどは、パスタの炭水化物とドレッシングの脂質によって、カロリーがかなり高いものも多くあるので注意が必要です。

コンビニで売られているそばやうどん、ラーメンと比べても、カロリーが高いというものも多くあるので、しっかりと確認しておく癖をつけておきましょう。

ドレッシングなどは、別売りのカロリーが低いものを代用するなどして、できるだけカロリーを抑えるようにするのも良いかもしれません。

こういった注意点をしっかりと抑えたら、実際におすすめのダイエット飯を以下で紹介します。

セブンイレブンのおすすめダイエット飯10選

ここからは実際に、セブンイレブンのおすすめダイエット飯を紹介いていきます。

今回紹介する際に重視したのは、以下の3点です。

  • カロリーとPFCバランスがダイエットに適しているか
  • 塩分は高すぎないか
  • 味は美味しいのか

実際に以下で見ていきましょう。

セブンイレブンのおすすめダイエット飯  1. うま塩スープのタンメン

うま塩スープの野菜タンメン

引用:やさしい生活

セブンイレブンのおすすめダイエット飯で、まず一番に挙げられるのがこの「うま塩スープの野菜タンメン」です。

1日に必要な野菜の1/2が摂取できるというメリットはもちろんのこと、この商品で一番の特徴はカロリーの低さです。

ラーメンという一見カロリーの高そうなものですが、このタンメンは285キロカロリーしかありません。

また、たんぱく質も豊富に含まれており、一食あたり15.4gタンパク質を取ることができます。

成人男性であれば、1日5杯食べてもオーバーカロリーにならない素晴らしいバランスで作られているので、ダイエット中にどうしてもラーメンが食べたいという人にはおすすめです。

【うま塩スープのタンメン 栄養成分】

・カロリー 285kcal

・たんぱく質 15.4g

・炭水化物 48.4

・食塩5.4g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯  2. たんぱく質が取れる鶏胸肉サラダ

たんぱく質が摂れる!鶏むね肉サラダ

引用:WEZZY

商品名からわかるように、タンパク質を豊富に含んでいる「鶏胸肉のサラダ」もダイエットをする際のコンビニ飯としてはおすすめです。

タンパク質が22g入っていることに加えて、卵で良質な脂質も取ることができます。

一点注意したいのは、ドレッシングが付属されているということです。

ドレッシングについてはどのくらいのカロリーなのかというのは、明確には表示されていませんが、できるだけ避けておいたほうが良いでしょう。

タンパク質とサラダを1度に摂取することができるので、セブンイレブンの中でもかなりおすすめの商品になっています。

【たんぱく質が摂れる鶏胸肉サラダ 栄養成分】

・カロリー 177kcal

・たんぱく質 22.8g

・炭水化物 6.6g

・脂質7.3g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯  3. たんぱく質が摂れる豚しゃぶサラダ

たんぱく質が摂れる豚しゃぶサラダ

豚と聞くとカロリーが高く思えるかもしれませんが、豚しゃぶサラダはそんな心配はありません。

豚しゃぶということで、ゆでられることで余計な脂質が全て落とされています。そのため、ダイエット中でも安心して豚肉を食べることが可能です。

また、付属している大根おろしとゆず入りのドレッシングで、さっぱりとした味わいに仕上がっていることもあり、鶏肉などのぱさぱさした感じが苦手な人にはかなりおすすめといえるでしょう。

【たんぱく質が摂れる豚しゃぶサラダ 栄養成分】

・カロリー183kcal

・たんぱく質 16g

・炭水化物 9.1g

・脂質 10.0g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯 4. とろろ冷やしそば

とろろ冷やしそば

そばは特にダイエットに良いと知られていますが、その中でも今回紹介する「とろろ冷やしそば」は抜群のダイエット飯としておすすめできます。

そばは、炭水化物だけではなくたんぱく質も豊富に含んでおり、栄養素としても優れているので、ダイエットの際に不足しがちである様々な栄養を摂取する事が可能です。

また、とろろはたんぱく質を豊富に含んでおり、お腹や美容効果にも優れています。ダイエットの際に、主食で何を食べようか悩んだらこの「とろろ冷やしそば」はかなりおすすめだといえるでしょう。

【とろろ冷やしそば 栄養成分】

・カロリー340kcal

・たんぱく質14.1g

・炭水化物64.7

・脂質4.2

セブンイレブンのおすすめダイエット飯5. 各種サラダチキン商品

ほぐしサラダチキン

引用:セブンイレブンに魂を売った男

今ではコンビニでのダイエット飯の定番となったのが、サラダチキンといえるでしょう。

何年か前までは、サラダチキンの存在はまったく知られていませんでしたが、高たんぱくで低カロリーな商品として、今ではダイエットをする人の見方として愛されています。

そんなサラダチキンですが、セブンではかなり種類が豊富だというのはご存知でしょうか。

通常のサラダチキンはもちろんのことですが、それに加えてスティック状で食べやすいものやほぐされているものもあるので、自分の好みで好きなサラダチキンを選ぶことが可能です。

特にほぐしサラダチキンは、かなりおすすめでたんぱく質が約20gが入っているにも関わらず、他の商品と一緒にたべることができるというのは嬉しいポイントといえるでしょう。

たんぱく質が少ない商品を選んだとしても、ほぐしサラダチキンを加えることで、一気に高たんぱくな食事にすることもできるため、何かのお供に一緒に買うというのもおすすめです。

【ほぐしサラダチキン 栄養成分】

・カロリー 86kcal

・たんぱく質19.3g

・炭水化物0

・脂質0.9g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯6. さばの塩焼き

さばの塩焼き

セブンイレブンのさばの塩焼きは、糖質が0gと糖質制限中の方でも気軽に食べることができるのが特徴です。

魚にありがちな小骨も入っていない為、のどに引っかかることなく食べることができるのも嬉しいポイント!

また、遠赤外線で1度調理をされているため、家であたためたとしてもまるで網焼きされた定食屋のさばを食べているかのようなおいしさ。

白身魚で脂質が22.3gと多く含まれているのはダイエットに良くないのではないかと思う方も多いかもしれませんが、心配無用です!

白身魚はDHAやEPAといった、身体に良い脂肪が含まれており「中性脂肪」を抑制する効果があります。そのため健康の為には、積極的に食べることをおすすめしたいです。 

【さばの塩焼き 栄養成分】

・カロリー271kcal

・たんぱく質17.6g

・炭水化物22.3g

・脂質0g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯7. おにぎり

セブンおにぎり

引用:エキサイトニュース

小腹がすいた時によく目がいく商品といったら、おにぎりなのではないでしょうか。

日本人としてお米が好きな人にとっては、コンビニのおにぎりというのはかなり身近な商品ですよね。

そんなおにぎりも、セブンイレブンなどのコンビニでダイエットをする際のダイエット飯としては、最適なものが隠れているのはご存知でしょうか?

もっとも「~マヨネーズ」や「オムライス」といったものは、ダイエット飯としてはあまりおすすめできません。炭水化物に加えて、脂質も豊富に含まれており逆に太ってしまう可能性もあるからです。

そこでコンビニのおにぎりを選ぶ際には、しっかりと商品の栄養成分を見て、たんぱく質が含まれており脂質が少ないものを選びましょう。

鮭やおかかといったおにぎりはもちろんのことですが、もち麦で作られたおにぎりもかなりおすすめです。GI値が低く血糖値が上がりにくいので、白米と比較しても太りにくい食材だといえるでしょう。

もっともあまり神経質にならなくても、おにぎりで脂質を含んでおらずたんぱく質豊富なものが具となっているのは、ある程度どれを食べても大丈夫ですよ!

【栄養成分】

・カロリー164kcal

・たんぱく質5.1g

・炭水化物1.1g

・脂質35.9g

以下にダイエット中でコンビニおにぎりを選ぶ際のポイントと、例としてもち麦で作られたおにぎりの栄養成分を紹介しておくので参考にして下さい。

【ダイエット中にコンビニおにぎりを選ぶ際のポイント】

  • マヨネーズなどの脂質が多い調味料が含まれていない
  • 鮭やおかかなど高たんぱくな食材が具になっている
  • もち麦や玄米などGI値が低く身体によいもので作られている

セブンイレブンのおすすめダイエット飯 8. たんぱく質が摂れるチキン&タマゴ

たんぱく質が摂れるチキン&タマゴ

ダイエット中でもサンドイッチなどを楽しみたいという方は、多いのではないでしょうか。

サンドイッチや菓子パンといった商品は、脂質や糖質が豊富に含まれているので、ダイエットにはあまりおすすめできません。

しかしこの「たんぱく質が摂れるチキン&タマゴ」は脂質が8gとかなり抑えられているのが嬉しいポイントです。

バジルソースがベースとなっており、はさまれているブロッコリーがかなり良いアクセントになっているので、コンビニパンの中でも味はトップクラスの驚きの仕上がりに…!

チキンはしっとり・ゆで卵もおいしく、内容量も多くかなりおすすめのパンになっています。

ここまで美味しく満腹感もあるのに、ダイエット向けとはセブンイレブンの企業努力は恐ろしい。。。

【たんぱく質が摂れるチキン&タマゴ 栄養成分】

・カロリー242kcal

・たんぱく質21.9g

・炭水化物21.6g

・脂質8.0g

セブンイレブンのおすすめダイエット飯 9. あじとしらすの2色ご飯

あじとしらすの2色ご飯

引用:エキサイトニュース

セブンイレブンの「あじとしらすの2色ご飯」は、脂質がかなり抑えられておりダイエット向けの商品です。

ふっくらとした口ざわりで美味しいほぐしあじと、一緒に混ぜ合わされているピリ辛の高菜は相性抜群!

さらにしらすが良いアクセントとなっており、まるで漁港の近くで新鮮な2色丼をオーダーしたかのような感覚に陥るほどのおいしさと新鮮さです。

たんぱく質が11.5gと、気持ち少なめではあるので、上記で紹介したサラダやサラダチキンなどを一緒に利用するのもおすすめになります。

【あじとしらすの2色ご飯 栄養成分】

・カロリー358kcal

・たんぱく質11.5g

・炭水化物3.2g

・脂質72.9g

コンビニ飯でもダイエットは可能!

ダイエット中に向いたコンビニ飯としておすすめ商品10選をご紹介しました。

最近のコンビニ弁当は近年のダイエット志向の流れもうけて低カロリーで低糖質な商品が増えていますので、コンビニご飯だけでもダイエットすることは可能です。

コンビニ飯ならいつでもチャレンジ可能なので、是非気軽にコンビニダイエットにチャレンジしてみてください。

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

郡 勝比呂(こおりかつひろ) 郡 勝比呂(こおりかつひろ) ジムフィールド代表

「稼げるトレーナー」を作るパーソナルトレーナー養成講師。ベストボディジャパン公認ジャッジアドバイザー。NESTA JAPANアシスタントディレクター。All About メンズスタイルオフィシャルガイド。「遊ぶように鍛える」ジムフィールド代表取締役CEO

目次
閉じる