筋トレに効果的な筋トレ飯「サバ味噌ときゅうりの和え物」

サバ味噌

筋トレを行っていると食事にもこだわるようになり、

「食事の内容が同じような食材になってきた」

「たんぱく質を気にするから食事のバリエーションが無くなった」

こういった経験をするようになった人も多いのではないでしょうか。

確かに筋トレに凝り出すと、鳥の胸肉や卵などの高タンパク・低カロリー食材を選んでしまいがちですよね。

その結果食事のバリエーションが縮まっていき、最終的には毎日同じような単調なメニューが続くということもトレーニーにはよくあることです。

そこで今回は美味しく簡単に作ることができる「筋トレメシのレシピ」を紹介していきます。

今回紹介するのは「サバ味噌ときゅうりの和え物」

特に筋トレ好きの人は、食事が肉類に偏っている方も多いのではないでしょうか。

魚や野菜もバランスよく食事から取ることで、健康に毎日を送ることができる身体作りをしていきましょう!

目次

筋トレ効果を最大にするための食事のポイントとは?

疑問を持つ男性

あなたは筋トレの効果を最大限にする食事方法をご存知でしょうか。

筋トレを行っている方は食事の際に必ず「高たんぱく質」な食事を心がけることがおすすめです。

トレーニングを行うと、筋肉は傷ついて回復しようと動き出します。その際に必要なのが「たんぱく質」

たんぱく質は筋肉を作るための元となる栄養素であり、たんぱく質がなければ筋肉を作ることはできません。

またたんぱく質はもちろんのことですが、炭水化物は身体を動かすエネルギーとなっているので、こちらの方もしっかり摂取することを忘れないでおきましょう。

筋トレメシのレシピ:今回のポイント

今回紹介する筋トレメシのレシピは「サバ味噌ときゅうりの和え物」になります。

筋肉を作るための栄養素である「たんぱく質」。

たんぱく質が多く含まれている食材となると、鳥の胸肉などを代表とする肉類が真っ先に思いつく食材でしょう。

お肉には飽和脂肪酸と呼ばれる油が多く含まれます。

この飽和脂肪酸は、血中のコレステロールを上げる作用があるので摂りすぎには注意が必要です。

取り過ぎてしまうと、生活習慣病のリスクが高まるなどの可能性もあるので、できるだけバランスの良い食事で肉だけを取るということは避けるのがおすすめです。

一方、魚に多く含まれる油は不飽和脂肪酸。

メディアでもよく話題になるオメガ3系脂肪酸、DHA、EPAが魚に多く含まれます。

この不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸の働きとは逆に悪玉コレステロールを減らし、血栓ができるのを防ぐなど生活習慣病の予防にも有益です。

生のお魚を買って調理するのはハードルが高く感じる方は、サバの水煮缶、サバの味噌煮缶、さんまの缶詰、ツナ缶など缶詰を使うと便利になります。

そこで今回は手軽に魚が食べられる缶詰を使ったレシピ「サバ味噌ときゅうりの和え物」を紹介。

サバの味噌煮缶と塩もみしたきゅうりを合わせ、酢で少しさっぱりと仕上げた1品です。

味噌煮缶なのでしっかり味がついており、お酒のおつまみとしてもおすすめ。

たんぱく質も豊富に含まれているのでトレーニングをしている人は美味しく・簡単に筋トレ効果を高めることができますよ!

【参考文献】

筋トレメシのレシピ サバ味噌ときゅうりの和え物 作り方

サバ味噌

ここからは実際に筋トレメシ「サバ味噌ときゅうりの和え物」について詳しく解説していきます。

筋トレメシのレシピ サバ味噌ときゅうりの和物 材料

サバ味噌ときゅうりの和え物の材料は以下の通りです。

【サバ味噌ときゅうりの和え物  材料と作りやすい分量 】
・サバ味噌煮缶 1缶(固形分140g)
・きゅうり 1本
・塩 ひとつまみ
・酢 大さじ1
・白いりごま 小さじ2
・きざみのり 適量

筋トレメシのレシピ サバ味噌ときゅうりの和物 作り方

サバ味噌ときゅうりの和え物の作り方を以下で解説します。

サバ味噌

①きゅうりを薄い輪切りにして塩を振り5分ほどおきましょう。

5分ほど経過したら、きゅうりの水気を絞って無くしてください。

サバ味噌

②きゅうりの水気を絞ったらボウルに取り分けて、サバの準備に移りましょう。

サバの味噌煮を缶詰から取り出して、食べやすい大きさに箸でほぐしてください。

サバ味噌

③水気を切ったきゅうりと、身をほぐしたサバ味噌・酢・白いりごまを合わせて混ぜ合わせてください。

サバ味噌

④器に盛り付けて、最後に刻み海苔を載せれば完成です。

【 サバ味噌ときゅうりの和え物 作り方 】

①きゅうりを薄い輪切りにして塩を振り5分ほどおき、きゅうりの水気をしぼる。
②サバの味噌煮を箸でほぐす。
③①のきゅうり、②のサバの味噌煮、酢、白いりごまを合わせて混ぜ合わせる。
④器に盛り付け、きざみのりをのせ完成。

【ポイント】:きゅうりに塩を振り、出てきた水分を絞ることで味が薄まらずにおいしく食べられます。

【カロリー・たんぱく質】」1人分 375kcal・23.3g

【調理時間】:10分

まとめ:筋トレメシで筋トレを最大効果にしよう!

男性

今回は筋トレ効果を最大限に高める、筋トレメシのレシピについて詳しく解説してきました。

サバ味噌ときゅうりの和え物は、肉類とは異なる栄養素が豊富に含まれている魚を使い栄養満点のレシピです。

味も酢と味噌でさっぱりしているので、トレーニング後に食べる方にも最適の食事なのではないでしょうか。

筋トレで食事にこだわるとメニューが単調になり、食事が嫌になってしまう人も少なくありません。

今回紹介したような美味しいレシピを食生活に取り入れることで、美味しく・楽しく食事を行いましょう!

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ
サバ味噌

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

安藤ゆりえ 安藤ゆりえ みりんスイーツ研究家/フリーランス管理栄養士

管理栄養士としてレシピ開発や栄養指導などフリーランスとして活動中。少ない材料と簡単な工程のレシピで日々の食事から健康にお役立ちできたらと思います。

目次
閉じる