「佐渡島出身の親友と2人3脚で地元のフィットネス改革に挑む!」畑中暁登トレーナー

畑中様

【基本プロフィール】
名前:畑中暁登
生年月日:1990年6月29日
出身地:新潟県佐渡市
トレーナー歴:3年
所属ジムの表彰歴:BEST GYM AWARD2019/2020(県内初かつ2連続受賞)
趣味:サーフィン・テニス・キャンプ・料理・旅行・ダイビング・新しいことをすること
特技:お客様の叶えたい未来を共に考え、達成までの道筋を共に導き出すこと。
有意義な時間だったと感じていただけるようなパーソナルトレーニング

尊敬する人物:畑中将彦(父)畑中里美(母)
自身の筋トレルーティン:特になし。季節ごとに嗜む種目やウィークポイントによって気の向くままに。
ISLANDの情報はジム情報はこちら
ISLANDのInstagramはこちら

こんにちは!

ファインドトレーナー編集部(@FindTrainer2022)です。

今回インタビューさせていただいたのは、畑中暁登トレーナー。トレーナーになったきっかけやトレーニングの魅力などを伺ってきました!

目次

新潟でジムを始めたきっかけは〇〇?

簡単な自己紹介をお願いします。

ISLANDの畑中暁登です。1990年629日生まれで新潟県佐渡市出身です。

畑中さんがトレーナーになるまでの経緯を教えてもらえますか?

畑中トレーナー:経歴としては、日本体育大学卒業後に新潟県のとある企業の新卒採用担当として就職しました。

当時の仕事内容は、主に合同企業説明会に行って新卒100人ぐらいを相手に就活マナーとかを教えてました。

そして、1年半後に地元・佐渡島の親友からの誘いで、新潟の医療系人材派遣の会社を立ち上げました。

創業
人材派遣会社を立ち上げた時のお写真

その親友さんはどんな方なんですか?

畑中トレーナー:新潟県佐渡市では老舗のレンタカー会社の三代目社長で、高校の同級生です。

彼は日本大学の体育学部出身でして、同じ体育系大学の出身という事もあって大人になってからも事業の話など一緒にする仲になったんです。

そうした流れの中、新たな事業を模索した結果、フィットネス業界に展開する事になり「ISLAND」を20195月にオープンさせて頂きましたそれがトレーナーとしての始まりになります。

トレーナー業にはもともと興味あったのでしょうか?

畑中トレーナー:私自身は北越高校ソフトテニス部のコーチやっているので、「トレーニング指導欲」と言いますか誰かに教えたい感情は満たされてたので、トレーナーをやりたい感じはなかったです。

むしろ、親友の方が「新潟県のフィットネス業界を変えたい」という熱が強かったんです。当時の新潟のパーソナルジムはトレーナーのレベル、サービス、クオリティが金額設定に合ってない大手のジムばかりが非常に多かったんです。

だから、もっと手を出しやすい金額でパーソナルを提供して、「新潟県のフィットネス業界を変えていきたい!新潟県で健康を広めていきたい!」という親友の思いに共感したのでISLANDの立ち上げに協力しました!

当時の新潟県のフィットネスジム事情って他にも何か問題点ありましたか?

畑中トレーナー:当時の新潟のパーソナルジムには、しっかりトレーナーを雇用してる所が少なかったかと思います。

この地域だと安定した収入が見込めない職業だったので、トレーナーの数が増えなかったのもレベルが上がっていかない要因の一つだと思いました。

なので、うちのジムではトレーナーを正社員として契約し、活動してもらってます。

給与面での心配をせず、伸び伸びとトレーナー業に専念できるプラットフォームにISLANDがなればいいなと思うので。

ISLANDの集合写真

トレーナーのほかに高校でコーチ業も

北越高校ソフトテニス部で指導をされるようになった経緯は?

畑中トレーナー:私は生徒たちのメンタルトレーニングを担当しているのですが就任したキッカケは、北越高校ソフトテニス部の顧問から、「生徒たちが県予選の決勝には3年連続で出場しているのに、そこでいつものパフォーマンスを発揮できず毎年インターハイ出場を逃してる」と伺ったんです。

実力はあるのに本番で実力を発揮できないと。

そこで、生徒たちのメンタルを強化して本番でも実力を出せるようにしてほしいと依頼されました。

それから生徒さん達にはどんな指導をしましたか?

畑中トレーナー:自分も凄く緊張するタイプだったのでメンタル強化を凄く研究していたんです。

それを高校生でも分かりやすいように工夫して伝えましたね。

具体的に一つ言うと例えば、生徒たちに常に本番さながらの光景を頭に思い浮かべてもらうんです。

それでその緊張感に日頃から慣れていれば、いざ本番になってもいつも通りの実力を発揮しやすくする、といった感じです。

まだまだ他にも多数の方法があります。

そのような指導を開始してから、半年後の2017年県総体男子団体戦で優勝しました!

ご自身も学生時代にソフトテニスはやられていたのでしょうか?

畑中トレーナー:私自身は中学校から始めまして、高校1年か2年の時に優勝とかするくらい熱中してやってました。

しかし、日体大に入ったら日本代表レベルの人しかいなくて全然活躍できなくなっていきましたね。

畑中様の日体大時代のお写真
畑中様の日体大時代のお写真

ソフトテニスを始めたキッカケは何ですか?

畑中トレーナー:近所に2歳年上で仲が良かったお兄さんがいまして、僕が中1の時に彼が中3でソフトテニス部のキャプテンをやってたんです。

それで、中学入学時に僕はバスケ部に入る予定だったんですがある日、彼にソフトテニスのラケットを持たせてもらい、軽くボールの打ち合いをさせてもらったら気持ちいいボレーを打つ事ができまして、その時の手の感覚が気持ち良すぎたのでソフトテニス部に入りました!

それから運動に目覚めたのですか?

畑中トレーナー:運動に目覚めたのは小学校の5年生6年生ぐらいの時ですね。

5年生からミニバスをやってたんですが私めちゃくちゃ太ってて、50m走のタイムが学年18人中17番目ぐらい遅かったんです。

それが6年生になると身長がすごく伸びて、体型も痩せていって50m走のタイムが学年1位になったんです。

自分でも何が起こったのか分からないくらい不思議な成長だったんですが、それがスポーツを楽しいと思い始めたキッカケかもしれません。

その経験がトレーナー職につながってきてるかもしれませんね!

畑中トレーナー:そうかもしれないです笑

ただ、実は僕ってスポーツは好きなんですが筋トレ自体は好きじゃないんですよ。

体を動かすとしたらスポーツでやりたいってタイプなので。

ただ、ISLANDはトレーニング未経験者でも楽しく通えるジムを目指しているので、僕みたいに筋トレが苦手っていう方々の気持ちには共感できるのかなと思っています!

コロナ禍で生徒さんたちの活動に変化はありましたか?

畑中トレーナー:去年のインターハイが無くなっちゃったんですよね。なので、可哀想だと思います。

ただ、部活動ってその中で何を感じて何を学ぶかが大切だと思うので、去年はそこに焦点を変えて指導しました。

大会って大きな目標ですけど、無くなったものは仕方ないので。

まあ、本人たちは納得してないとは思いますが、人生ってこういう事もあると思うので彼らにとって大きな学びにもなったのかなとは思います。

コロナ禍でも慌てることなく堅実な経営を

コロナで畑中さん自身の活動にも影響はありましたか?

畑中トレーナー:ISLANDを立ち上げて売上を伸ばしたい大切な時期だったので大打撃でしたね。

でも、そんな時もメンタルマネジメントで学んだ知識を生かして「今できること、今すべきことに全力を注ぐしかない」って割り切って、その状況下でも来てくれたお客様にどう喜んでもらうかを全力で考えて実践していきました。

コロナ禍でも心を安定させてたんですね!

畑中トレーナー:まあ、正直言うとツラかったのが本音です!去年の34月あたりも、なんとか社長と死に物狂いで乗り越えてきたなっていう感じはありますね。

その中で何か変わった活動などされましたか?

畑中トレーナー:弊社オリジナルのブログでフィットネスや健康にまつわる知識を発信し始めましたね。

例えば「内臓脂肪を落とす食事」とか「鶏胸肉のダイエット料理」についての記事や、YouTubeでトレーニングの方法なども発信しました。

このような形で来店できないお客様向けにも情報を発信していきました。

よかったら良い情報がたっぷりなので是非見てください!

畑中さんはNSCAのトレーナー資格を取得されてるとの事ですが、他の資格とどういった違いがあるのでしょうか?

畑中トレーナー:この資格はアメリカが認定しているトレーナー資格になるんですが、特徴としては一度取るだけでいい訳ではなく定期的な更新が必要なんです。

なので、トレーナーとしてずっと勉強を続けないと保有し続けられない資格になります。

その代わり、お客様からの信頼はとても得やすくなるのでトレーナーとしては取っておきたい資格になりますね。

定期的な更新があるので知識がアップデートされていくんですね

畑中トレーナー:また、資格の範囲も栄養学、機能解剖学のほかお客様に対してどういうメニューを作成するかっていう実践的なものまで試験の内容に含まれてるので、持っているトレーナーは雇用する側としても安心して任せやすくなります!

畑中さんの考えるトレーニングの魅力とは?

トレーニングの魅力って何だと思いますか?

畑中トレーナー:トレーニング自体はその人が求める結果を手に入れる手段でしかないので、求める結果を手に入れられるのが魅力ですかね。

そして、その中でコンプレックスを克服して大きな自信をつけて性格が前向きに変わる事も全然ありますし。

以前、引きこもりだった10代の男の子が母親に連れてこられた事があったんですけど、2ヶ月でダイエットに成功して見た目が大きく変わった上に「夢が見つかった」と東京の専門学校に進学するくらい大きな変化があった事もありました。

そのように前向きに生き生きする姿を見るのは楽しいですし、やりがいですね。

トレーナーやってて記憶に残っているお客さんはいますか?

畑中トレーナー:とある60代の女性で、五十肩&腰痛&膝も曲げにくいといった状態だったので出来る範囲でのトレーニングから始めた方がいるんです。

もちろん、最初の頃は上手くトレーニング出来ず苦闘してたんですが、あれから1年半経った今では階段を6階まで一気に駆け上れたり、スクワットも肩甲骨をしっかり寄せて出来るようになったりと驚くほどの変化を見せてくれたんです。

その方の人生が変わる瞬間に立ち会えた感じがして嬉しかったですね。

逆にトレーナーをやってて失敗した体験はありますか?

畑中トレーナー:創業して一番最初のお客様でして、カウンセリングで目標を一緒に決めたのですが、初回のトレーニング開始まで2週間ぐらい空いた期間に「食べ溜め」をしてきちゃったんです。

それで開始時には3キロほど体重が増えてしまってたので、目標数値も変わってしまう旨を伝えたんです。

そしたら、ご立腹されてしまい退会されちゃったんです。この経験からスタートの認識のズレを生まないようにカウンセリングは慎重に行うようにしています。

将来の目標は?

畑中トレーナー:当ジムとしては「新潟県のフィットネスと言えばISLAND」となるようにしたいですね。

現状で新潟県民に「新潟のフィットネスジムと言えば?」と質問をしたら、おそらく多くの人が「エニタイムフィットネス」を挙げられると思うんです。

これは、店舗数と利用し人数が多いっていう2つが大きいので。これに追いつく為に弊社でも7月4日からサブスクのジムをオープンしたんです。

これをどんどん普及させて店舗数を増やしつつ、お客様の満足度も上げていきたいです。

あと、弊社で働くトレーナーも増加させていきたいですね。

トレーニングルーム②のコピー
Islandのトレーニングルーム

ISLANDが求めるトレーナーってどんな方ですか?

畑中トレーナー:トレーナーとしての経験年数や技術以上に、お客様と正面から向き合える接客スキルの高い人と一緒に働きたいです。

お客様の目標や困っている事をしっかり因数分解できて、それに対して明確な提案が出来る人ですね。

トレーニングのやり方とかは弊社に入れば身につけさせる技術はあるので。

お客様を笑顔にしたい、お客様の悩みを解決してあげたいっていうマインドの人に来てほしいです!

番外編

ご自身の筋トレルーティンは?

畑中トレーナー:スポーツが大好きなので主に筋持久力を鍛えるトレーニングをしています。

なので、高回数で行えるくらいの重量で鍛えたり、季節によってやりたいスポーツも変わるのでそれに合わせてトレーニングは組んでます。

自分が人生を楽しんでいく為の動きやすい身体を作るっていうテーマで行ってます。

よく飲んでるいるプロテインは?

畑中トレーナー:うちのジムでは「アルプロン」を使っているのでよく飲んでますね。

オリジナルフィットネス飯は?

畑中トレーナー:水炊きですね!白だしで煮込んでゆずポン酢で食べると美味しいですね。体にもとても良いですよ。

スポーツが大好きとの事で、今はどんなスポーツをやってますか?

畑中トレーナー:サーフィン、スノーボード、テニスもやりますしバスケもソフトテニスも色々とやってます。

そういった競技力向上のための筋トレは私自身も得意な指導ジャンルではあると思います。

一応言いますが、うちのジムには筋肉増大のトレーニング指導が得意なトレーナーもいますので、お客様に合わせてそれぞれ得意なジャンルを中心に指導してます。

なので幅広いお客様に来て頂きたいです。

「ISLAND」グループでは今、フィットネス以外に事業はされてますか?

畑中トレーナー:最近、脱毛サロンの事業も始めました。

新潟ってまだまだ未開拓なジャンルがたくさんあるので、グループとして良いサービスをもっと提供提供していきたいと思ってます。

「ISLAND」の名前の由来は何ですか?

畑中トレーナー:佐渡島の「島」から来てます。

あと、社長の実家のレンタカー屋が「アイランドレンタカー」と言う名前なのもあって「ISLAND」となりました。

やっぱり佐渡島が大好きなので!ちなみにHPにも載ってるジムのロゴも佐渡島の形をモチーフに作ってるのでみて見てください!

island
ISLANDのロゴ写真

畑中トレーナーのインタビューを終えて

新潟県のフィットネス業界を変えたいという思いでISLAND立ち上げから参画された畑中トレーナー。
さまざまなスポーツもされていて、それがトレーナー業へも役立っているのだなと感じました!

畑中トレーナー、ISLANDの更なる発展を楽しみにしています!

畑中様

【基本プロフィール】
名前:畑中暁登
生年月日:1990年6月29日
出身地:新潟県佐渡市
トレーナー歴:3年
所属ジムの表彰歴:BEST GYM AWARD2019/2020(県内初かつ2連続受賞)
趣味:サーフィン・テニス・キャンプ・料理・旅行・ダイビング・新しいことをすること
特技:お客様の叶えたい未来を共に考え、達成までの道筋を共に導き出すこと。
有意義な時間だったと感じていただけるようなパーソナルトレーニング

尊敬する人物:畑中将彦(父)畑中里美(母)
自身の筋トレルーティン:特になし。季節ごとに嗜む種目やウィークポイントによって気の向くままに。
ISLANDの情報はジム情報はこちら
ISLANDのInstagramはこちら

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ
畑中様

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

厳選したプロのパーソナルトレーナーのプロフィールだけではわからないパーソナルトレーナーの人柄や雰囲気、筋トレスタイルなどをインタビュー形式でご紹介するインタビューを運営しています。

インタビューをご希望のパーソナルトレーナーの方は以下のリンクからお問合せください。

目次
閉じる