【筋トレと有酸素運動】脂肪燃焼のためにはどちらを優先すべき?

腕立てをしている男性

こんにちは!

KOHRIMAN(@kohriman)です!

「体脂肪を燃焼してかっこいい体を作りたい」

「脂肪だけを落として基礎代謝を高め、太りにくい身体を作りたい」

こういった願望を持つ多くの人が、筋トレや有酸素を取り入れて身体にこびりついた脂肪を落とそうと努力しているのではないでしょうか。

しかし筋トレと有酸素のどちらを先にやれば脂肪燃焼を効率的にできるのかについて正しく知っている人は詳しくありません。

そこで今回は、脂肪燃焼を効率的に行うための筋トレと有酸素運動の順番、そしてなぜその順番が良いのかという理由について詳しく解説していきます。

正しい順番を身につけて脂肪燃焼を効率的に行いましょう!

目次

なぜ、筋トレと有酸素運動を並行してやるのが脂肪燃焼に良いのか?

疑問


筋トレと有酸素運動、そもそもどちらか1つをやれば脂肪燃焼には十分なんじゃないのかと疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

脂肪燃焼を行うには筋トレと有酸素運動を並行的に行うことが効率の良い事だといわれています。そこでまずその理由について詳しく紹介していきます。

筋トレをする事で筋肉が付き基礎代謝が上昇する

筋トレを行うと身体の筋肉が増えます。

何を当たり前のことを言っているのかと思うかもしれませんが、筋肉が増えることで基礎代謝というものが上がることはご存知でしょうか。

基礎代謝とは、1日ベットに寝ていて全く動かなくても消費されるカロリーのことを指しており、毎日絶対に消費されるカロリーです。

筋トレをして基礎代謝が増えることで、1日の消費されるカロリーが増え、痩せやすく太りにくい身体ができるということになります。

有酸素は脂肪燃焼効果があるトレーニング!

筋トレはいわゆる「無酸素運動」で主に筋肉を増やすためにおこないますが、ランニングなどを代表とする「有酸素運動」は脂肪燃焼効果があるトレーニングです。

なので身体に溜まった脂肪だけを燃焼して、身体を自分の理想のものに近づけるには有酸素運動をする必要があります。

つまり筋トレと有酸素を並行して続ければ、太りにくく、脂肪を燃焼する痩せやすい身体を作ることができるというわけです。

そういった意味でも、有酸素運動と筋トレは脂肪燃焼にどちらも欠けてはいけないことになります。

目指す体型によって筋トレ・有酸素どちらを優先するか変える

ここで注意しておきたいことは、自分が目指す体型によって優先すべきことを変えましょう。

とにかく身体を大きくしていきたいという方は筋トレを重視して行いましょう。

有酸素運動は消費カロリーもさほど大きくなく筋肉がつくわけでもありません。

筋肉を大きくしたい方はまずは筋トレを最優先して行うべきといえるでしょう。

一方で身体を引き締めて絞った身体にしたいという方は、有酸素運動を積極的に行いましょう。

筋トレだけでは脂肪を無くすことはできないですが、余計な筋肉をつけたくはないという人もいるはず。

そういった方は有酸素を優先的に行ってもかまいません。

もっとも脂肪燃焼という目的にはやはりバランスよくどちらも行うことが重要なので、目的によってどうすべきかを決めることが重要です。

有酸素運動と筋トレどっちを先にすれば良いのか?

エクササイズをする女性


体重が増えてきてダイエットをした経験がある人は、有酸素運動と筋トレどっちを先にやれば良いのかという議論を一度は耳にしたことがあるかと思います。

まず最初に結論からいうと、筋トレ→有酸素運動の順番が一番脂肪燃効果のある順番であり、迷ったらこの順番にすることをおすすめします。

筋トレをしてから有酸素運動という順番が脂肪燃焼には効率的

筋トレをすると人間の身体の中では「EPOC(運動過剰酸素消費量)」という現象が起きます。

筋トレを行うと体内は酸欠状態となり、一生懸命回復させようと動き始めます。

こういった動きが体内の中で起きると、代謝が高まっていき脂肪を燃焼しやすい状態になるので有酸素運動をおこなった時の効果が、最大限までに高められるのです。

「有酸素運動は20分以上しないと脂肪が燃焼されない」という話を聞いたことはないでしょうか?

有酸素運動をすると身体はまず体内にある「グリコーゲン」という糖質を消費して、その後に脂肪をエネルギーとして身体を動かそうとします。

この状態になって初めて「脂肪燃焼」が行われるのです。

つまり筋トレを有酸素運動の前に取り入れることで、身体は脂肪を燃焼しやすい「EPOC」状態となります。

その後、有酸素運動を行うと体内エネルギーが枯渇しており脂肪を燃焼しようという動きがより大きくなるので脂肪燃焼を最大の効果でおこなうことができるというわけです。

有酸素→筋トレは脂肪燃焼には逆効果かも…

一方で有酸素運動→筋トレという順番は、脂肪燃焼には逆効果の可能性があります。

なぜなら有酸素運動で身体のエネルギーを使い切っているので、筋トレをするには脂肪ではなく筋肉を分解してエネルギーを生み出す必要があるからです。

この状態になってしまうと、筋肉が分解され痩せ細ってしまいトレーニングが逆効果となってしまいます。

くれぐれも筋トレと有酸素の順番には気をつけましょう!

筋トレ・有酸素を行うときに注意すべきポイント

正解

筋トレ・有酸素運動を行う際には、注意すべきポイントがいくつかあります。

これを疎かにしてしまうと逆に筋肉が痩せ細って太りやすい身体になってしまう恐れがあるので注意して行ってください!

筋トレ・有酸素運動を行う際のポイント①頻度はあけて毎日やらないこと

脂肪燃焼をしたいという方は、筋トレと有酸素運動を毎日がんばらなきゃいけないのでは思う方もいらっしゃると思います。

もっともこれは間違った考えです。

筋肉はもちろんのこと有酸素運動であっても筋肉を使って行います。

筋肉は使えば回復が必要となるので、有酸素運動といっても毎日やりすぎると筋肉が傷つき減ってしまう可能性があります。

これは筋トレにもいえることで、筋トレで同じ部位を鍛え続けると筋肉が破壊されて痩せ細っていく危険が…

筋トレ・有酸素運動を行う際は必ず休息をとる日を作りましょう!

筋トレ・有酸素運動を行う際のポイント②運動後には必ず栄養を摂取する

筋トレ・有酸素運動を行った後には必ず栄養を摂取することを忘れないでください。

脂肪燃焼したいのに栄養補給したら太ってしまうのではないかと心配の方もいるでしょう。

結論からいうと問題はありません。

なぜなら筋トレ・有酸素運動を行った後は筋肉が傷ついて回復を求めています。

このときに何も栄養を摂取しないと逆に筋肉が落ちていき脂肪燃焼には逆効果なのです。

筋トレ・トレーニング後は身体の中で糖質とタンパク質が足りていないので、低脂質で高タンパクなものを積極的に取り入れましょう。

おすすめはプロテインとおにぎり、大福、バナナなどです。

【まとめ】筋トレの後の有酸素運動で効率的に脂肪を燃やそう!

ハイタッチ

今回は筋トレと有酸素運動、脂肪燃焼を狙う際の最適な順番について紹介してきました。

まとめると以下のようになります。

・有酸素運動は身体の糖質を消費してから脂肪を燃焼する
・筋トレをおこなう事で脂肪燃焼しやすい状態になる
・筋トレ→有酸素が脂肪燃焼に1番効率が良い

せっかくのトレーニングも間違った順番でやってしまうと、筋肉が痩せ細り太りやすい身体になるという逆効果を生んでしまう可能性があります。

脂肪燃焼をして理想の身体を作りたいと考えたときは、筋トレ→有酸素運動という正しい順番で行いましょう!

パーソナルジム検索「FIND GYM」

FIND GYMロゴ
腕立てをしている男性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事の監修者

郡 勝比呂(こおりかつひろ) 郡 勝比呂(こおりかつひろ) ジムフィールド代表

「稼げるトレーナー」を作るパーソナルトレーナー養成講師。ベストボディジャパン公認ジャッジアドバイザー。NESTA JAPANアシスタントディレクター。All About メンズスタイルオフィシャルガイド。「遊ぶように鍛える」ジムフィールド代表取締役CEO

目次
閉じる